サイトメニュー

制度を活用しよう

悩む男性

健康診断と同時実施

ストレスチェックは、うつ病発症を知るきっかけになるものです。その為、正しく活用しましょう。このストレスチェックは通常の健康診断です。同時に行うような必要はありません。逆に健康診断などと同時に行うと、そのデーターの取り扱い方を違ってきますので、もし健康診断と、同時に実施するのであれば、企業は情報のセキュリティーなどへの配慮と利便性などを確保した個人情報が漏れないような実施体制を構築した上で行う必要があるでしょう。 ストレスチェックのような機微な問題でもあるため、会社の人事や事業者面接を希望することに対して躊躇するような社員は多いと思われます。そのため従業員が自ら面談を希望するような事はほとんどないと思われます。また、従業員から面談の希望があった場合には、その面談希望に対応できる産業医および医師の人材確保の問題が出てくる可能性はあるでしょう。ただ、そのような産業嫌保健師などのスタッフが本社では確保できたとしても、御社以外の事業所や特に従業員の数が50名未満の小規模の死者や営業所などの体制づくりをストレスチェック体制を作るための課題となってくるでしょう。前述にも書きましたように、このストレスチェックは事業者側には実施技能があるのですが、その反対に、従業員に対してはストレスチェックの受診義務を課せられることはないのです。 ただ、そのような産業嫌保健師などのスタッフが本社では確保できたとしても、御社以外の事業所や特に従業員の数が50名未満の小規模の死者や営業所などの体制づくりをストレスチェック体制を作るための課題となってくるでしょう。前述にも書きましたように、このストレスチェックは事業者側には実施技能があるのですが、その反対に、従業員に対してはストレスチェックの受診義務を課せられることはないのです。企業の職場にを受ける健康管理としてこのストレスチェックの鋭敏化は、ストレス耐性の低い従業員に対する不利益な取り扱いにもつながりかねないことから倫理的な観点から、もう少し十分な検討や配慮が求められることでしょう。

企業側としては上記の点に注意して実施するべきですが、社員側としてはこの制度をどのように活用すべきなのでしょうか。普段の業務内容や職場内の人間関係で悩んでいる場合、自分はうつ病を発症していないか心配になるものです。ストレスチェックを受けることで、うつ病になりかけているのかなどを知ることが出来ます。心療内科や精神科を受診するのはハードルが高いと考えている人は、このストレスチェックを利用して、調べてみましょう。また、高ストレスを抱えていると診断された場合には、産業医とのカウンセリングが行なわれます。産業医は、個人情報やカウンセリングの際の内容を公表することはありません。うつ病の症状が悪化して、働くことが困難なのではと判断した場合は、病院へ紹介状を書いてくれます。また、うつ病は障害年金の認定を受けることが可能です。障害年金を受け取ることで、金銭的にも余裕ができるので安心して治療に専念することが出来ます。しかし、障害年金の申請は認定を受けないといけません。なので、病院を受診して診断書を取得する必要があります。