サイトメニュー

安心して治療に挑む

聴診器

うつ病の治療

ストレスチェックの結果、うつ病の疑惑があると判断された場合、心療内科や精神科などの受診を促されるでしょう。そして、医師による診察の結果、うつ病の発症が認められた場合は、治療を進めていくことになります。うつ病の治療法は大きく分けると、休養、精神療法、薬物療法の3つに分けることが可能です。中には、休養が治療なのかと感じる人もいるでしょう。しかし、休養も立派な治療方法です。うつ病の原因になっている事柄から離れて休養することで、症状が回復したという人は多いのです。責任感が強い人の場合、休むことに罪悪感を感じてしまうひとも少なくありません。なので、医師から言われて初めて罪悪感を感じることなく休めたという人も珍しくないのです。そして、精神療法は、医師またはカウンセラーとカウンセリングを重ねて、自分自身やうつ病の原因となる事柄を見つめ直して、症状を和らげるといった治療法です。認知療法や対人関係療法などがあり、同じうつ病に悩んでいる患者とのグループセッションなどもあります。患者の社会復帰に大いに役立つことでしょう。また、世間一般的に知られている治療法が薬物療法です。抗うつ剤を使用していきます。この抗うつ剤は副作用や依存性が高いと言われていますが、医師の指導通りに正しく服用をすればそのような心配はありません。これらの治療は、長期的な治療になることがほとんどです。その為、通院費用や生活費などの工面が心配と感じる人もいるでしょう。しかし、障害年金を申請すれば年間に200万円程度支給されることもあるのです。なので、安心して治療に専念することが出来るでしょう。