サイトメニュー

プライバシーを守る

女性

個人結果を収集しない

ストレスチェックの結果については、そのストレスチェックを受けた従業員本人の同意がない限りはストレスチェックを実施した側の資格者には会社側にその情報を提供してはいけないという規則が定められているのです。そのため、企業などではストレスチェックの受験者が正直にストレスチェックを受けることができる従業員を確保して個人情報保護の観点から、また集団分析の政党が出る観点からも、会社側にそのストレスチェックの結果の情報を提供しないということが望ましいことであるため、出来る限りの事同意の収集は行わないようにした方が良いでしょう。 自分自身で一人では抱え切れないほどの悩みや不満や不安などでいっぱいになっているような従業員を除けば、会社側に個人のプライバシーの塊であるようなストレスチェックの結果を積極的に知ってほしいと考えるような人は、基本的にはありません。そのため、会社側はストレスチェックは個人の結果については一切収集しないという方針をあらかじめ宣言してからストレスチェックを実施した方が、よりスムーズにストレスチェックを実施することができるでしょう。 しかしストレスに押しつぶされそうになっており、自分自身で抱え切れないほどの悩みや不安でいっぱいになっているような従業員畑給食や残業の低減などの措置が必要な人は産業医面談を希望することによって本人の同意があったものとみなされてしまい、会社に個人のストレスチェックの結果、 14社からその情報を提供されることになっています。産業医面談が必要になるほどの状況でないような人は保健師や精神保健福祉士などにも相談することが可能なので、そのような人にまずは相談させるようにしましょう。保健師や精神保健福祉士も、産業医同様に、障害年金などの制度に関しての相談をすることが可能です。障害年金申請の流れを丁寧に教えてくれるので、社員も安心して話を聞くことが出来るでしょう。