サイトメニュー

ストレスチェックのあり方

待合室

人事や総務部門などからストレスチェックをすること自体がストレスになるという問題点が上がっています。このような状況でストレスチェックを適正に行うためにはどのような点を注意すればよいでしょうか。事前にうつ病や障害年金について知っておいてもらうことも重要です。

詳しく見る

制度を活用しよう

悩む男性

ここでは義務化された個人情報でもあるストレスチェック結果の情報の取り扱いについて、今後起こりうる課題などについて見ていきます。また、企業側の対策をすべき内容や社員側のメリット、障害年金について考察していきましょう。

詳しく見る

プライバシーを守る

女性

ストレスチェックの結果を公表されるのではないかと、心配に思う人も少なくありませんが、そのようなことはありません。また、症状や障害年金の申請は産業医以外の保健師や精神保健福祉士にも相談することが可能です。

詳しく見る

障害年金について知る

看護師

うつ病を発症し、国が定めた認定基準に該当すれば障害年金を受け取る事が可能です。しかし、障害年金の申請には、担当医師が記載した必要記載項目が揃った診断書の取得が必須になっています。

詳しく見る

安心して治療に挑む

聴診器

うつ病の治療にはいくつかの治療法があり、どれも長期的な通院が必要なケースが多いです。その場合、障害年金を申請して認められれば、安心して治療に専念できるでしょう。

詳しく見る

ストレスチェックを受ける

女性

システム導入は不要か

うつ病は、精神的だけでなく身体的にも症状が現れる病気です。初期の場合、ただ一時的に気分が落ち込んでいるだけと思う人もいます。また、具体的な数値などで計測することが難しいので、うつ病を発症しているかどうかの自己判断は難しいものです。その為、気分の落ち込みや不安感などが長期間続き、体調にも変化が訪れているのであれば、早めに医師の診察を受けましょう。また、心療内科や精神科のハードルが高いと感じているのであれば、まずは、ストレスチェックを行ないましょう。インターネット上でチェック表が提示されています。また、最近では、企業でもストレスチェックが義務化しています。なので、会社のストレスチェックを受けるようにしましょう。

企業の対応状況

まず企業にストレスチェックの義務化に対する認知状況について質問をしたところ、その結果をストレスチェックの内容を理解しており、自社でも対処すべきと回答した企業はほんの20%強に過ぎず、ストレスチェックの義務化についてほとんど認知が進んでいないことが判明しました。またストレスチェックという名前だけは聞いたことがある、と言うのが30%強で逸して区の内容は理解しているが、自社で愛用すべきかどうかまでは検討していないというのが20%です。認知状況はバラバラなようで、またストレスチェックという名前すら聞いたことがないというような人もおよそ4分の1強だと言う結果になりました。次に、現時点でのストレスチェックの実施状況について質問をしたところ、定期的に実施していると答えた。ところが25%で、定期的ではないが実施していると答えた企業は14%強を合わせ、既に導入済みです。回答した企業は全体の40%でした。 ただし、今後実施する予定という意向を示した企業は15%だったのに対して実施する予定はないと答えた企業は44%にも達しました。この中でストレスチェックを実施する予定は無いと答えた企業の従業員規模を見ると、努力義務とされている従業員は49名以下の企業で92%という高い数字になっているのですが、ストレスチェックの義務化の対象となっている従業員規模が50人以上から100名以下であっても、 50%を実施予定する予定はないと答えているのが実情でした。このような調査結果からも失礼チェックの義務化に対する正しい理解がストレスチェックが必要な企業にさえ反映されていないことがわかります。

発覚したら

それではストレスチェックを実施済の企業は具体的にどんなシステムの改修を実施しているのでしょうか。もっとも多かったパターンは8ストレスチェックの義務化にあたって導入もしくは改修を行うシステムサービスは持っていないという企業が40%弱で、その次にはストレスチェックシステムサービスの導入が30%弱になりました。ストレスチェックを実施する主要部門を人事部もしくは総務部門ということもあってかストレスチェックを実施するためだけに、既存のシステムの改良を実施するような企業は少ないようなのです。このような傾向はこれからストレスチェックを実施するとしている企業も同様です。この場合でもストレスチェック義務化にあたっての導入や改良を行うようなシステムやサービスは存在しないというのが50%強と突出して多い状態で、その次にはストレスチェックシステムサービスというのが20%弱でした。ところでストレスチェックを実施するにあたっての課題は何でしょうか。複数回答方式で調査したところ、ストレスチェックを実施済みの企業においてはストレスチェック自体において必要な知識やスキルを持っている人材が不足しているという課題を持っている企業が最も多く、その次にストレスチェックを実施することによって、従業員の負荷が増加する懸念があるという課題を感じている企業が約30%弱でさらには約20%強の企業が社内体制は未整備がストレスチェックを実施するための課題としてあげていました。

ストレスチェックによってうつ病の発症が発覚したら、すぐに医療機関を受診しましょう。どの病気も早い段階で治療を進めていく方がよいからです。もし、うつ病が進行していれば、医師から休養を勧められるはずです。その際には、診断書を記載してもらって傷病手当金や障害年金の申請を行ないましょう。

人気記事

待合室

ストレスチェックのあり方

人事や総務部門などからストレスチェックをすること自体がストレスになるという問題点が上がっています。このような状況でストレスチェックを適正に行うためにはどのような点を注意すればよいでしょうか。事前にうつ病や障害年金について知っておいてもらうことも重要です。

詳しく見る

悩む男性

制度を活用しよう

ここでは義務化された個人情報でもあるストレスチェック結果の情報の取り扱いについて、今後起こりうる課題などについて見ていきます。また、企業側の対策をすべき内容や社員側のメリット、障害年金について考察していきましょう。

詳しく見る

女性

プライバシーを守る

ストレスチェックの結果を公表されるのではないかと、心配に思う人も少なくありませんが、そのようなことはありません。また、症状や障害年金の申請は産業医以外の保健師や精神保健福祉士にも相談することが可能です。

詳しく見る

看護師

障害年金について知る

うつ病を発症し、国が定めた認定基準に該当すれば障害年金を受け取る事が可能です。しかし、障害年金の申請には、担当医師が記載した必要記載項目が揃った診断書の取得が必須になっています。

詳しく見る